当日のために!賢い前撮りの活用方法とは?


前撮りって何だろう?

前撮りという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、実際利用したことがある人はどれくらいいるでしょうか。そもそも前撮りというのは何か。これは何か本番当日にイベントがあるとして、その時に写真を撮るのは当日バタバタしたり、気持ちに余裕がないので良い写真を撮る事ができない可能性があるので、前もって余裕のある時に写真を撮影しておこうというものです。結婚式や成人式、卒業式等でよく利用されるサービスです。今はどこの写真屋さんやフォトスタジオでも、前撮りというものを用意してくれています。当日、どんなコンディションかわからない、当日は緊張して自然な笑顔が出ないかもしれないなど、色々不安がありますが、前もって余裕がある時に撮影しておくと当日も時間に余裕が出るのです。

前撮りのロケーションフォト和装編と洋装編?

前撮りについて見ていると、ウェディングフォトの場合、和装、洋装なんて言葉が出てきます。そしてスタジオで撮影するのはなくて、ロケーションフォトなる言葉も出てくるのですが、これは一体なんでしょうか。これは、和装、つまり打掛や白無垢などを意味しており、着物を着て写真を撮る事です。それに対して洋装はウェディングドレスやカラードレスを意味しています。

ロケーションフォトですから、外での写真になりますが、洋装と和装では雰囲気が違いますので、場所が変わってきます。例えば和装だと神社やお寺等で撮影する事が多いですし、洋装では、洋館やホテル、チャペルやガーデン等で撮る事が多いでしょう。和装でも洋装でも人気のスポットとして東京駅等があります。このように、和装洋装どちらでも可能なロケーションもあります。

前撮りは時間に制限がないため、納得がいくまでじっくりと撮影ができます。ただし自由に撮影ができる分、時間がかかるため、余裕を持って撮影に臨む必要があります。